*

[三陸鉄道北リアス線乗車]青春18切符で行く北東北鈍行の旅④[久慈→宮古]

DSC_3457

リゾートうみねこを満喫しまして、お次は三陸鉄道北リアス線です。
久慈での乗り継ぎ時間があまり無い為ダッシュで乗り継ぎます。
3両編成で、後ろ2両は貸し切りでした。
先頭車両も学生さんや地元の方々で混み合っていました。

三陸鉄道は景色が良い場所やあまちゃんのロケ地等の観光ポイント
で停車または徐行をしてくれます。また東日本大震災の被災地も
通りますので現状の復興の様子もわかります。

—-スポンサード リンク—-

————————————

足あと(GPSログ)

往路は青色、復路は赤色です。

三陸鉄道北リアス線乗車

DSC_3492

「笑顔をつなぐ、ずっと・・・。」
切符です。いいですね。

DSC_3460

となりの列車は、JR東日本の東北エモーションです。
同じ路線を食事をしながら絶景を堪能できる列車だそうです。
人気でなかなか予約が取れないとのこと。
乗ってみたいなぁ

DSC_3465

安家川橋梁からの眺めです。停車してくれます。

DSC_3480

夏ばっぱが大漁旗を振っていた海岸です。
そこになんと海女さんやうにすけさんが
大漁旗をふってるではありませんか!
団体列車が連結されているからでしょうかね。

DSC_3481

田野畑駅です。

DSC_3483

田野畑駅近くにある三陸鉄道の車両と同じ塗装の平井賀川の水門です。
こちらは津波で被害があり窓ガラス等は全て割れています。

DSC_3494

でも、真新しい家々が建っており元に戻ってきているのがわかります。
復興しているのですね!

DSC_3501

田老の大防潮堤です。
途切れて見える場所にも堤防が繋がっていたのでしょうね。
約500mを一瞬のうち破壊したそうです。
津波の威力は凄まじいのです。

DSC_3503

っと車窓を凝視しているとあっと言う間に宮古に到着です。
お次はJR山田線です。

そのお話はまた今度。

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

[海鮮]はこだて自由市場に行ってきたイカからゴッコにクリオネまで揃う市場

函館にある、はこだて自由市場に行ってきました! 新鮮な魚介類をお求めやすい価格で購入できま

記事を読む

[函館]湯の川温泉散策[熱帯植物園][銀月だんご][ブルートレイン][湯倉神社]

函館市の湯の川温泉周辺を散策しました。 湯の川温泉に旅行や日帰り温泉の際は参考にしていただ

記事を読む

トワイライトエクスプレス札幌→大阪最終便を函館五稜郭駅で撮影してきました。

トワイライトエクスプレス札幌→大阪最終便を函館五稜郭駅で撮影してきました。 五稜郭駅では機

記事を読む

[旅行]大晦日の京都を祇園から南禅寺水路閣までの早朝散歩

京都の朝は早い。 朝四時頃よりお寺の鐘の音の目覚める。 今年最後の朝はそう目覚めました。

記事を読む

[奈良]奈良中心部から離れている法隆寺へはレンタサイクルで行こう[大晦日][年末]

法隆寺、聖徳太子が創建したと伝えられるあまりにも有名な寺院。 修学旅行で京都奈良を訪れた方なら

記事を読む

[雪の京都]雪の三十三間堂と京都国立博物館

今年の京都の正月は大雪に見舞われました。 実に60年ぶりの大雪だったそうです。 そんな大雪も

記事を読む

[登山]函館山[旧函館要塞散策]

標高334mの函館山。 ハイキングがてらで登れる気軽な山です。 函館山は、第二次世界

記事を読む

[宿泊]ラビスタ函館ベイでゆったり温泉[函館]

今年は暖冬のようですね。 ここ道南の北海道は、殆ど雪が積もっておりません。 ですが、

記事を読む

[ねぶたの家ワ・ラッセ]青春18切符で行く北東北鈍行の旅⑩[青森]

青森到着。 青春18きっぷの旅も終盤、後は函館に帰るだけとなりました。 青森で2時間ほど

記事を読む

[函館]弁天台場の石材を再利用した防波堤

サイクリングで穴澗海岸へ行った際、 帰りに入船漁港に立ち寄りました。 その時の記事は下記

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑