*

[自転車][キャンプ][旅行]アウトドア時のインナー選び

IMG_8390

自転車のロングライド等のアウトドアスポーツにて、外気温が低い時に汗をかいてしまうと、

汗冷えし体温を低下させてしまいます。

 

それをなるべく防ぐ為のインナー選びが重要であることを身をもって知ることが出来ましたので

ここでご紹介できればと思います。

—-スポンサード リンク—-

————————————

僕の場合は、自転車を長く乗る(ロングライド)ことが多いです。

特に北海道での春秋開催のブルベに出ることがあります。

気温1桁で峠上りがある場合、なるべく汗をかかないように調整しながら走っていても、

気がついたら汗をかいてる時があると思います。

そうすると下りでその汗が冷えて、更には体を冷やしてしまいます。

 

その汗(水分)をなるべく速く吸い取り乾かしてくれる、かつ保温性の高い素材を使った

インナー選びをする必要があると思いました。

 

上記の条件を満たしていて、僕が愛用しているインナーは大きく分けて下記の2つです。

モンベル ZEO-LINE(ジオライン)

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) TEKUNDER(テックアンダー)DRY

 

では、各インナーをご紹介!

 

1,モンベル ZEO-LINE(ジオライン) ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men’s

IMG_8391

ジオラインの中では一番薄いライトウエイトです。

素材は薄いですがしっかり保温してくれます。

速乾性も抜群。昨年(2014)の秋に開催されたブルベ(BRM1012北海道400km函館)

でも大活躍してくれました。

 

—-アマゾン広告—-

 

2,モンベル ZEO-LINE(ジオライン) ジオライン EXP.ハイネックシャツ Men’s

IMG_8393

エクスペディション。厚めの生地です。

ミドルレイヤー的に僕は使ってます。1のインナーでは肌寒い時には、重ね着しています。

重ね着して暑ければ脱ぐ。というレイヤリングできる工夫をすることをおすすめします。

—-アマゾン広告—-

 

3,モンベル ZEO-LINE(ジオライン) ジオラインL.W.タイツ Men’s

IMG_8423

こちらは、ライトウエイトのタイツです。

キャンプなどのアウトドア時に大活躍してくれます。

春秋に使うのがよいかもしれません。

なお、こちらは自転車に乗る場合(ロングライド等)おすすめしません。

ママチャリくらいでしたらOKだと思います。

股のところが擦れ切れてしまいます。

自転車専用の製品もあるので、そちらをご使用ください。

 

—-アマゾン広告—-

 

4,モンベル ZEO-LINE(ジオライン) ジオラインEXP.タイツ Men’s

IMG_8421

こちらは、4,のタイツのエクスペディションタイプのものです。

冬でも暖かく、ついつい毎日愛用してしまうほど良いです。

 

—-アマゾン広告—-

 

5,モンベル ZEO-LINE(ジオライン) ジオラインL.W.トランクス Men’s

IMG_8420

こちらは、主に旅行やキャンプ等に多用しています。

その他のインナーもそうですが、軽量で速乾性もあるため旅行などに持参すると

荷物を少なくすることが可能かと思います。

 

旅行中に洗濯してもすぐに乾きます。

僕の場合、長期の旅行でも2泊3日くらいの

着替え(インナー)で旅行しています。

 

抗菌防臭性にもジオラインは優れていると思うため、

人それぞれですが、2日連続着用しても

不快感は殆どありません(個人差あります(笑))。

綿のTシャツですと、さすがに2日連続しての

着用は避けたくなりますよね。

 

—-アマゾン広告—-

 

6,ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) TEKUNDER(テックアンダー)DRY

IMG_5061IMG_8394IMG_8396

最後にノースフェイスのインナー、テックアンダーです。

こちらも、ジオラインと同じく、速乾性、保温性抜群です。

 

個人的には、ジオラインより着心地はよく、耐久性は抜群かと思います。

この製品のリニューアル前のインナーを数十年前に購入したのですが、

それがまだ普通に着ています。もうボロボロで恥ずかしいのですが、

着心地は変わりませんし、まだまだ着れてしまいます。

それほどの耐久性はあるということでしょうね。

 

あと、こちはLサイズを購入しております。

僕は通常、Mサイズを着ておりますが、

こちらは少々サイズが小さい作りとなっているため

Lサイズがちょうど良かったです。

 

—-楽天広告—-

 

そして、Lサイズにしたため、着丈が長くなり、

ロードバイクの等の前傾姿勢になる場合でも背中が出なかったです。

 

ジオラインの場合は、ちょっとだけ着丈が短いので、

ロードバイク走行時は、背中が出そうになる時もありました。

(僕が、胴が長いだけかもしれませんが。。。(笑))

 

—-スポンサード リンク—-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

ツール・ド・三陸のご参考にどうぞ!

今週末(2015/11/2(日))に第三回ツール・ド・三陸が開催されるそうです。 今年の春に三

記事を読む

野営の夜は焚き火をしよう。

火を眺めていると落ち着きますね。 キャンプをするから焚き火をするのか。 焚き火を

記事を読む

2018年の自転車計画。

1年に一度の更新となってしまっている当ブログ。 ということで今年の結果と来年の予定などを。

記事を読む

三陸海岸を自転車で走ってきたよ④

おはよーございます! では最終日、疲れが溜まっていますが、牛たんを目標にがんばりましょう!

記事を読む

[キャンプ]寒い時期のキャンプメシまとめ[食事]

やぱりキャンプは寒い時期に限りますよね。 寒い時期ほどキャンプメシはうまい。 そ

記事を読む

[自転車]冬の防寒装備[有雪期]

毎日寒いですね、コタツで丸くなっておりますのでしょうか。 たまにはお外へ出てみては如何

記事を読む

[青森][冬の八甲田アタック②]青函フェリーで青森上陸へ[自転車]

冬の八甲田山に自転車でアタックするため、 函館から青森へフェリーで渡ります。 今回ご一緒させ

記事を読む

富良野の夏2015[2]国設白金野営場でキャンプ

美瑛富士と美瑛岳を望めるキャンプ場、国設白金野営場でキャンプをしてきました。 富良野特集と

記事を読む

道の駅巡りの旅2015春②[上湧別-知床-尾岱沼]

さて、前回投稿から空いてしまいましたが道の駅旅2日目です。 2日目は湧別町の五箇山公園キャ

記事を読む

THERMOS(サーモス) 真空断熱タンブラーを使ってみた

久々に買って良かったと思ったモノに出会えたのでご紹介! 「THERMOS 真空断熱タンブラー2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑