*

[京都]御朱印めぐり[旅]

DSC_2563
寺社にて頂く御朱印。
年末年始の京都ツアーにて
八坂神社、東寺、天龍寺、三十三間堂、平等院鳳凰堂の
御朱印を頂きました。

自分でもウル覚えのところもあったため
御朱印の意味や決まり事などを纏めてみました。

—-スポンサード リンク—-

————————————

御朱印とは

寺社の職員や僧侶、神職等から頂く押印であり、元々は写経を納めた際の受領印であったという話も
あります。現在も写経をしないと御朱印を頂けないという寺社もあるが、殆どの自社では御朱印代を
納めることにより御朱印を頂けるようになっています。

御朱印のマナー(順序)

自分自身も解らなかったことや
失敗した点があったため纏めました。

●お参り
・一番最初はお参り
・間違えても御朱印を最初に頂かない(スタンプラリーではない)

●御朱印所へ
・お守り売り場や売店近くに御朱印所という場所があることが多いです。
ない場合は社務所などに聞いてみると良いと思います
・御朱印帳を渡し御朱印を頂きます。
御朱印帳の名前欄に自分の名前を書いておく。
(複数の御朱印帳を取り扱う場合がある為です)
・書いてもらってる時は写真を撮らない
(私知らずに撮影してしまい怒られました。。反省。)

●御朱印代
・御朱印は料金は提示されているところもありますが、
ない場合や「お気持ちで」という場合があります。
その場合は一般的な相場では300円といわれております。
お釣りがないように小銭を準備しておくほうが良いでしょう。

●お礼
・御朱印を頂いたあとはお礼を言い立ち去りましょう。

●その他
・正月や忙しい時間帯などは無理にお願いしない
今回僕らも比較的空いている時に頂きました。
・可能であれば、写経をしましょう
(理由は上記の御朱印とはを参照)

御朱印帳

DSC_2564
御朱印は寺院やお寺など、文房具店でも取り扱っています。
ご自分の好みの御朱印帳を手に入れてみてください。

こちらの御朱印帳は鎌倉の鶴岡八幡宮で手に入れたものです。

通販(アマゾン)でも色々とあるみたいですので
ご参考にどうぞ。


菅公工業 特殊紙・花紙 集印帳小花柄 もも ケ561

京都で頂いた御朱印

DSC_2566
今回の京都旅行で頂いた御朱印です。
右から、八坂神社、東寺、天龍寺、三十三間堂、平等院鳳凰堂の御朱印です。

印象に残っているのは、三十三間堂の本殿で僧侶に頂いた御朱印です。
千体の千手観音に囲まれての御朱印は壮観でありかつありがたいものでした。
(千手観音が安置されている中央に御朱印所があります)

お住みの近くの寺社にもそれそれ御朱印があると思いますので
行ってみては如何でしょうか。

—-スポンサード リンク—-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

歴史のある銭湯「大正湯」は可愛らしい外観でした

2014年で創業100年を迎える歴史のある銭湯の大正湯。 建物自体も函館市景観形成指定建築

記事を読む

道南(大沼湖畔)のパワースポット駒ケ岳神社

道南七飯町の大沼湖畔に駒ケ岳神社があります。 こちらの神社は、駒ケ岳の平穏無事、登山者の安

記事を読む

[奈良]奈良中心部から離れている法隆寺へはレンタサイクルで行こう[大晦日][年末]

法隆寺、聖徳太子が創建したと伝えられるあまりにも有名な寺院。 修学旅行で京都奈良を訪れた方なら

記事を読む

青春18切符で行く北東北鈍行の旅②[函館→木古内→蟹田→青森→八戸]

前回旅の概要をお話しました。 今回はその詳細を順を追ってお話していきます。 今回は函館の出発

記事を読む

[青森][冬の八甲田アタック③]いざ出陣ホワイトアウトの八甲田山へ[自転車]

投稿が長らく滞っていました八甲田アタックを綴っていきたいと思います。 前回の投稿では、味噌

記事を読む

函館西部地区バル街特集<前編>

函館西部地区バル街は、函館西部地区で開催されるイベントで5枚つづりの チケットとマップを手

記事を読む

謎多き街上ノ国町にある夷王山墳墓群-勝山館跡へ行ってきた

上ノ国町にあります夷王山墳墓群-勝山館跡へ行ってきました。 勝山館跡は武田信広が15世紀後

記事を読む

福島町青函トンネル記念館にいってきました

福島町にあります、青函トンネル記念館に行ってきました。 冬期休業は3/17まででしたので、

記事を読む

道の駅巡りの旅2015春①[札幌-留辺蘂-紋別-上湧別]

前回の投稿にて道の駅巡りの旅の概要を説明しましたので、 今回は1日目を詳細にお話します。

記事を読む

[沖縄離島特集⑩]本島からすぐ行ける離島[瀬底島]

本部町 久々の沖縄離島特集です。 第十段ということで、一旦石垣島を離れて沖縄本島から気軽にいける

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑