*

[冬自転車]自転車乗りよ雪原へ!![スパイク]

道の駅紋別の名物巨大カニの前で

道の駅紋別の名物巨大カニの前で

 

ちょっと乱暴なタイトルですみません(笑)

 

そろそろシーズンは冬

北日本では雪が積りオンロードでの自転車走行は厳しい季節となります。

春まで自転車乗れないな。。。

 

ではなく!冬でもスパイクタイヤで走ってみましょう!

 

でも実際は滑って怖いんでしょ?

 

—-スポンサード リンク—-

————————————

 

乗り方のもよりますが、ぜーんぜん滑りません。

それどこらか、ものすごく楽しい。

街中がトレイルコースになったかのようです。

圧雪された道は、静かで走り心地が最高なのです。

 

この魅力を味わうと冬道ライドの虜となるでしょう。

 

快適に走るためにはある程度装備が必要です。

 

まず必須なのは、スパイクタイヤ。

私は、シュワルベのICE SPIKERを使ってます。

 

IMG_5082

—-

スパイクタイヤはオンロードのタイヤと比べて摩耗を少ないため

数シーズン余裕で使えるため意外と経済的です。

DSC_3765

装備についてもうひとつ。

私の場合、ビンディングペダルを使ってません。

外れづらく危険という理由ではなく、

より防寒対策となる靴を履くためフラットペダルとしています。

IMG_5609

それでは、どんな道なら快適に走れるかというと、

上記みたいな圧雪道はものすごく快適に走れます。

DSC_3937

そして、こういうアイスバーンな道もちゃんとスパイクが噛み付いて走ってくれます。

ぜんぜん問題なく走れます。

DSC_4849

苦手なのがこういうシャーベット状の道。これはハンドルが取られて怖いです。

後はこんもり降った新雪も大敵ですね。

DSC_3994

そういう道を除いて走れば、

凛とした空気の中で静かにそして快適に走ることができます!

DSC_4011

DSC_3992

雪山を眺めながら田舎道を走るのもよし!

 

DSC_4035

冷えたら温泉に入ってもよし!

DSC_3863

漕いで暑くなったらソフトクリームでクールダウンも最高!

 

そして。。。

こんな猛吹雪に走るのも、またいい思い出になります。

—-スポンサード リンク—-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

[食事]キャンプメシ全29食一挙公開

キャンプメシと言えばなにを思い浮かべるでしょうか。 やっぱりBBQ? 肉もいいですが、魚介類

記事を読む

野営の夜は焚き火をしよう。

火を眺めていると落ち着きますね。 キャンプをするから焚き火をするのか。 焚き火を

記事を読む

五鹿山公園キャンプ場-湧別町

----スポンサード リンク---- // ----------------------

記事を読む

自転車で下北半島を走ってきた⑧

旅最終日です。最終日は青森散策とねぶたを堪能しようかと思います。その前に朝ラーです。青森は朝

記事を読む

東大沼キャンプ場でワカサギ釣り

今年(2015)から営業開始した東大沼キャンプ場ワカサギ釣り場。 朝早い時間にも関わらず賑わっ

記事を読む

[自転車][キャンプ][旅行]アウトドア時のインナー選び

自転車のロングライド等のアウトドアスポーツにて、外気温が低い時に汗をかいてしまうと、

記事を読む

自転車で下北半島を走ってきた④

日本三大霊場の一つの恐山。今日はここへ向かいます。 過酷なクライムが予想されるため薬研野営場を

記事を読む

道の駅巡りの旅2015春①[札幌-留辺蘂-紋別-上湧別]

前回の投稿にて道の駅巡りの旅の概要を説明しましたので、 今回は1日目を詳細にお話します。

記事を読む

来年の自転車よてい。

早いもので今年もあと少しで終わり。 今年も?自転車はあまり乗れずじまいで終わりそうな予感です。

記事を読む

[自転車]冬(北日本は春秋)の防寒小物装備[無雪期]

自転車での冬(北日本は春秋)の防寒小物装備についてまとめてみました。 北海道での春秋時

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑