*

[旅概要]青春18切符で行く北東北鈍行の旅①

DSC_3273

先日青春18切符を使い北東北を旅してきました。
実に14本の列車を乗り継ぎ北東北をグルリと廻ってきました。
ゆっくりと鈍行列車の旅。色々と発見のある旅でした。

先ずは、旅のルートのおさらいと、乗車した列車をご紹介します。

—-スポンサード リンク—-

————————————

足あと(GPSログ)

往路は青色、復路は赤色です。

旅の予算(大人1人で算出)

旅の予算を計算しました。
大人1人で算出しています。
一泊二日での予算です。

青春18切符(2回分):(11,850円/5)x2=4,740円
盛岡の宿:4730/2=2,365円
リゾートうみねこ指定席券:540円
IGRいわて銀河鉄道(私鉄の為):650円
三陸鉄道北リアス線(私鉄の為):1,850円
ねぶたの家 ワ・ラッセ入場料:600円
——————————————————
合計     10,745円

※飲食費お土産は別
※青い森鉄道は私鉄ですが、特例で通過時は別途料金はかかりません
※スーパー白鳥は特例で特急料金はかかりません

それでは、今回の旅を乗車した列車のおおまかに振り返りたいと思います。

江差線:函館→木古内

DSC_3277

スーパー白鳥:木古内→蟹田

DSC_3304

津軽線:蟹田→青森

DSC_3320

青い森鉄道:青森→八戸

DSC_3348

リゾートうみねこ:八戸→久慈

DSC_3372

三陸鉄道北リアス線:久慈→宮古

DSC_3457

山田線:宮古→盛岡

DSC_3504

IGRいわて銀河鉄道:盛岡→大館

DSC_3617

上の写真はIGRいわて銀河鉄道の電車です。

DSC_3626

実際に乗車した電車はこちら。
JRがいわて銀河鉄道へ乗り入れしている為、
青森から大館まで一本で行けてしまいます。

奥羽本線:大館→弘前→青森

DSC_3718

津軽線:函館→木古内

DSC_3790

スーパー白鳥:蟹田→木古内

DSC_3824

JR江差線:木古内→函館

DSC_3838

それでは、各旅の詳細は別途報告します!

 

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

[沖縄離島特集⑨]気楽に行ける離島の離島[竹富島]

石垣島から気軽に行ける離島、竹富島。 観光地化されているが、古い町並みが残る島です。

記事を読む

[奈良]奈良中心部から離れている法隆寺へはレンタサイクルで行こう[大晦日][年末]

法隆寺、聖徳太子が創建したと伝えられるあまりにも有名な寺院。 修学旅行で京都奈良を訪れた方なら

記事を読む

[沖縄離島特集⑦]ちゅらさんと石垣牛[小浜島]

NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台でも有名となった小浜島、 その小浜島に実際にあ

記事を読む

[京都]紅葉ついでのグルメ[観光]

京都紅葉散策の合間に美味しい食べ物でもどうでしょうか!!   ----スポンサ

記事を読む

[沖縄離島特集③]まるで北海道な島[黒島]

沖縄離島特集第3弾は、正月の黒島です。 写真は、北海道ではありません(笑)黒島です。

記事を読む

三陸海岸を自転車で走ってきたよ③

さて、二日目。 今日の工程は 気仙沼→南三陸→女川→石巻を走ります! 震災での被害が大き

記事を読む

[グルメ編]十勝道東道の駅の旅2015秋

先日の十勝道東道の駅の旅で食べた写真を掲載していきまーす。 ----スポンサード リンク-

記事を読む

[三陸鉄道北リアス線乗車]青春18切符で行く北東北鈍行の旅④[久慈→宮古]

リゾートうみねこを満喫しまして、お次は三陸鉄道北リアス線です。 久慈での乗り継ぎ時間があま

記事を読む

[沖縄]八重山諸島の正月[石垣島][黒島]

'石垣島' '正月'でアクセス数が多いみたいですので 下記に記事をまとめました。 よろしけれ

記事を読む

[長万部探索]18切符の旅函館本線⑤[長万部ー函館]

青春18切符の旅も後編です。 長万部に到着しました。長万部の街を散策し長万部温泉に行こうと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑