*

[大沼散策路]18切符の旅函館本線②[大沼公園]

DSC_4011

青春18切符後半戦の旅。函館本線で大沼公園で途中下車しました。
大沼は大小のの小島が多く点在しています。
その島々が橋で繋がっており散策路となっています。
前から行ってみたかった島々の散策をしたいと思います。

—-スポンサード リンク—-

————————————

足あと(GPSログ)

散策したGPSログです。

大沼公園駅で途中下車し大沼散策路を散策

DSC_3998

次の汽車は1時間後ですので、やや早足で行きましょう。
大沼公園駅から出発です。

DSC_4001

大沼散策路は下記の4コースがありますが、僕は島巡りの路を選択しました。

・大島の路(所要時間:15分)
・森の小径(所要時間:20分)
・夕日の小沼道(所要時間:25分)
・島巡りの路(所要時間:50分)

DSC_4002

モーターボード乗り場から散策路に入ります。

DSC_4005

こんなふうに散策路が整備されていて歩きやすいです。

DSC_4011

島々がこんなふうに橋で繋がっています。
ボードが橋の下を通るからでしょうか、半円形の橋が多いです。
そのため滑りやすい斜度(構造)となっていますので
トレッキングシューズ等が良いと思いました。

DSC_4016

少し歩くと綺麗に駒ケ岳が一望できるポイントがあります。

DSC_4018DSC_4019

沈下橋のような橋もあったりします。
探検心がくすぐられます。

DSC_4037DSC_4039DSC_4043DSC_4044DSC_4045

レストラン、リバージュ。
写真左側に見える艀で湖上クルーズもやっているんですよね。

DSC_4061DSC_4063

なるほどぉ

DSC_4067DSC_4069DSC_4070

巨木が倒れていたりします。

DSC_4071

無風の為鏡のような湖面で綺麗ですね。

DSC_4072DSC_4079

あれ?

DSC_4082

道路に出てしまいました。どこかで道を間違えたのでしょうかね。
ボート乗り場に戻ると思ってたのですがね(笑)

DSC_4084

歩いて大沼公園駅まで向かっていると丁度スーパー北斗がやってきました。

DSC_4085
大沼公園に戻ってきました。
公式には50分の散策コースでしたが、
早足で35分くらいでした。

散策路もしっかり整備され景色もとてもいい為
おすすめの散策コースかと思います。

晴れた日は大沼まで足を伸ばして散策してみるのも
いいかと思います〜

では、18切符の旅の続きをしましょう。

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

[花輪線で鶏めしを食らう]青春18切符で行く北東北鈍行の旅⑧[盛岡→大館]

二日目の青春18切符の旅は盛岡から出発です。 まずは、盛岡からIGRいわて銀河鉄道(花輪線

記事を読む

JR釧網本線-北浜駅内の停車場へ行ってきたました

JR釧網本線-北浜駅内の停車場へ行ってきたました。 北浜駅は、かつての駅事務室を改装した喫

記事を読む

[函館]湯の川温泉散策[熱帯植物園][銀月だんご][ブルートレイン][湯倉神社]

函館市の湯の川温泉周辺を散策しました。 湯の川温泉に旅行や日帰り温泉の際は参考にしていただ

記事を読む

知内温泉ユートピア和楽園[日帰り温泉]

ポタリングで汗をかいたので、知内温泉ユートピア和楽園にいってきました。 知内温泉は北海道最

記事を読む

[雪の京都]雪の三十三間堂と京都国立博物館

今年の京都の正月は大雪に見舞われました。 実に60年ぶりの大雪だったそうです。 そんな大雪も

記事を読む

[登山]函館山[旧函館要塞散策]

標高334mの函館山。 ハイキングがてらで登れる気軽な山です。 函館山は、第二次世界

記事を読む

江差町にある緑丘温泉 みどりヶ丘の湯っこへ日帰り温泉に行ってきた

江差の山奥にこんな泉質の良い温泉があったんですね。 木の香りと蛇口やシャワーからも温泉が出

記事を読む

南茅部にある函館市縄文文化交流センターの中空土偶を見に行ってきた

いまトレンドになっている南茅部の函館市縄文文化交流センターに 行った時に気になった弁当を思い出

記事を読む

[時間限定][観光][京都]京都観光(散歩)はこの時刻に行こう!

京都・祇園白川 誰もいない時間帯に写真を撮りたいと思いませんか? 当サイトのまとめ記

記事を読む

[蕎麦]江差町のそば蔵やまげんへ行ってきました

前回江差に訪れた時は、タイミングが合わずに訪れることが出来なかったお店、 「そば蔵やまげん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑