*

[大沼散策路]18切符の旅函館本線②[大沼公園]

DSC_4011

青春18切符後半戦の旅。函館本線で大沼公園で途中下車しました。
大沼は大小のの小島が多く点在しています。
その島々が橋で繋がっており散策路となっています。
前から行ってみたかった島々の散策をしたいと思います。

—-スポンサード リンク—-

————————————

足あと(GPSログ)

散策したGPSログです。

大沼公園駅で途中下車し大沼散策路を散策

DSC_3998

次の汽車は1時間後ですので、やや早足で行きましょう。
大沼公園駅から出発です。

DSC_4001

大沼散策路は下記の4コースがありますが、僕は島巡りの路を選択しました。

・大島の路(所要時間:15分)
・森の小径(所要時間:20分)
・夕日の小沼道(所要時間:25分)
・島巡りの路(所要時間:50分)

DSC_4002

モーターボード乗り場から散策路に入ります。

DSC_4005

こんなふうに散策路が整備されていて歩きやすいです。

DSC_4011

島々がこんなふうに橋で繋がっています。
ボードが橋の下を通るからでしょうか、半円形の橋が多いです。
そのため滑りやすい斜度(構造)となっていますので
トレッキングシューズ等が良いと思いました。

DSC_4016

少し歩くと綺麗に駒ケ岳が一望できるポイントがあります。

DSC_4018DSC_4019

沈下橋のような橋もあったりします。
探検心がくすぐられます。

DSC_4037DSC_4039DSC_4043DSC_4044DSC_4045

レストラン、リバージュ。
写真左側に見える艀で湖上クルーズもやっているんですよね。

DSC_4061DSC_4063

なるほどぉ

DSC_4067DSC_4069DSC_4070

巨木が倒れていたりします。

DSC_4071

無風の為鏡のような湖面で綺麗ですね。

DSC_4072DSC_4079

あれ?

DSC_4082

道路に出てしまいました。どこかで道を間違えたのでしょうかね。
ボート乗り場に戻ると思ってたのですがね(笑)

DSC_4084

歩いて大沼公園駅まで向かっていると丁度スーパー北斗がやってきました。

DSC_4085
大沼公園に戻ってきました。
公式には50分の散策コースでしたが、
早足で35分くらいでした。

散策路もしっかり整備され景色もとてもいい為
おすすめの散策コースかと思います。

晴れた日は大沼まで足を伸ばして散策してみるのも
いいかと思います〜

では、18切符の旅の続きをしましょう。

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

[長万部探索]18切符の旅函館本線⑤[長万部ー函館]

青春18切符の旅も後編です。 長万部に到着しました。長万部の街を散策し長万部温泉に行こうと

記事を読む

[北斗市]食らわんか弁当を食べに月兎へ行ってきました。

たまにはグルメ情報等を掲載してみます。 先日食らわんか弁当を食べに月兎へ行ってきました。

記事を読む

[函館]湯の川温泉散策[熱帯植物園][銀月だんご][ブルートレイン][湯倉神社]

函館市の湯の川温泉周辺を散策しました。 湯の川温泉に旅行や日帰り温泉の際は参考にしていただ

記事を読む

函館西部地区バル街特集<前編>

函館西部地区バル街は、函館西部地区で開催されるイベントで5枚つづりの チケットとマップを手

記事を読む

[盛岡冷麺実食!!][明明家]青春18切符で行く北東北鈍行の旅⑥[盛岡]

青春18切符で函館から三陸海岸線を走り盛岡までやってみました。 一日電車に乗って旅でしたがとて

記事を読む

[夜の帯広]十勝中札内グルメフォンド勝手に前夜祭

十勝中札内グルメフォンドの前日、帯広に一泊しました。 中札内周辺に宿を取りたかったのですが

記事を読む

青春18切符で行く北東北鈍行の旅②[函館→木古内→蟹田→青森→八戸]

前回旅の概要をお話しました。 今回はその詳細を順を追ってお話していきます。 今回は函館の出発

記事を読む

[海鮮]はこだて自由市場に行ってきたイカからゴッコにクリオネまで揃う市場

函館にある、はこだて自由市場に行ってきました! 新鮮な魚介類をお求めやすい価格で購入できま

記事を読む

[沖縄離島特集④]八重山諸島のターミナル[石垣島]

沖縄離島特集第四弾は原点に戻って石垣島です。 残念ながら天気は曇り。 川平湾も残

記事を読む

[宿泊]ラビスタ函館ベイでゆったり温泉[函館]

今年は暖冬のようですね。 ここ道南の北海道は、殆ど雪が積もっておりません。 ですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑