*

[函館]弁天台場の石材を再利用した防波堤

公開日: : 函館市, 北海道, 都道府県

IMG_8576

サイクリングで穴澗海岸へ行った際、
帰りに入船漁港に立ち寄りました。
その時の記事は下記を御覧ください。

関連記事:函館山の裏側にある穴澗海岸付近は絶景でした

—-スポンサード リンク—-

————————————

場所

弁天台場の石材で造られた防波堤

IMG_8577

入船漁港です。
イカ釣りの船が沢山ですね。
青森から漁に来た船も見受けられました。

IMG_8579IMG_8581

入船漁港に来たのは、こちらを見たかったからです。
防波堤です。

こちらの防波堤は 弁天台場の石材を再利用して造られています。
素敵な防波堤ですね。

こんな風に再利用することは良いことですよね。
函館は比較的、修繕・修復しながら使う文化が広がっている
ように伺えます。そういう文化いいですよね。

弁天台場と防波堤については下記引用を御覧ください。

■概要・見所
(港湾)函館市は旧来の函館港の改修に明治初期に英人お雇い技師メイク
に函館港調査を依頼し、弁天台場の解体、新港湾建設を、小樽築港で成功
した広井勇に依頼した。彼は台場を解体して、その石材を函館漁港(入舟漁港)
の新造成の岸壁造成で転用した。漁港を基盤にする漁業はイカ漁等で函館市
の代表的産業であり、多数の漁船がここから朝一番に出航する。
その造成は短期間であり、広井の良設計と部材の転用が成功の原因だった。
道遺産認定。

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

南茅部にある函館市縄文文化交流センターの中空土偶を見に行ってきた

いまトレンドになっている南茅部の函館市縄文文化交流センターに 行った時に気になった弁当を思い出

記事を読む

[長万部探索]18切符の旅函館本線⑤[長万部ー函館]

青春18切符の旅も後編です。 長万部に到着しました。長万部の街を散策し長万部温泉に行こうと

記事を読む

富良野の夏2015[3]ファーム富田

既に冬になりますが夏の富良野のお話です。 今回はファーム富田編ですね。タイトルを「富良野」

記事を読む

江差北前のひな語りと「いにしえ街道」を散策

天気が良かったので江差町までドライブに行ってきました。 その時ちょうど、江差北前のひな語り

記事を読む

[奥入瀬グリーンホテルで朝風呂堪能][冬の八甲田アタック④]八甲田山から下山

八甲田山を越えてやってきた十和田湖温泉郷にある奥入瀬グリーンホテル。 今日は下山して帰宅す

記事を読む

[蕎麦]江差町のそば蔵やまげんへ行ってきました

前回江差に訪れた時は、タイミングが合わずに訪れることが出来なかったお店、 「そば蔵やまげん

記事を読む

[三陸鉄道北リアス線乗車]青春18切符で行く北東北鈍行の旅④[久慈→宮古]

リゾートうみねこを満喫しまして、お次は三陸鉄道北リアス線です。 久慈での乗り継ぎ時間があま

記事を読む

[函館]ラッキーピエロで食べたメニューを一挙掲載

函館のハンバーガーと言えばラッキーピエロですよね!? ハンバーガーショップっという位置づけでは

記事を読む

函館山の裏側にある穴澗海岸付近は絶景でした

春らしくなってきましたので、自転車で函館山の裏側にある穴澗海岸へ行ってきました。 断崖絶壁

記事を読む

[絶景海岸線を行くリゾートうみねこ]青春18切符で行く北東北鈍行の旅③[八戸→久慈]

八戸駅に到着しました。 八戸駅からはリゾートうみねこに乗車します。 18切符のみで乗車も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑