*

網走監獄-蝋人形にビビりまくりの見学

DSC_5131

道の駅旅行の際に立ち寄った網走監獄をご紹介します!
まず、網走監獄とは?網走刑務所で実際に使われていた建物であり、
それを移築して保存公開している博物館です。
移築したといっても、その当時実際に使われていた建物です。

—-スポンサード リンク—-

————————————

網走監獄の場所

DSC_5128

さて入場しましょう!

DSC_5131

この門は現在の網走刑務所と同じ作りとのことです。

DSC_5130

見張り台には人影が。。蝋人形でしょうね。

DSC_5129

監獄食堂。
刑務所の食事メニューを再現したものを頂けるそうです。

DSC_5133DSC_5134

教誨堂です。
下記のような大きな講堂がありました。

DSC_5200DSC_5136

庁舎。
中には売店などもあります。

DSC_5138

裁判所内の様子を展示した場所もあったりします。

DSC_5139

昔の裁判官の服装だそうです。
物凄く威圧感ありますね。

DSC_5141

休泊所、動く監獄所と呼ばれており、遠征時使用されたそうです。
こちらの喋る蝋人形はビックリさせられました!

DSC_5145

現代の刑務所を展示説明するスペースもあります。

DSC_5148DSC_5177

二見ヶ岡農場作業。
ここに見える人は全部蝋人形さんです。

DSC_5152

伝書鳩を飛ばしている様子です。

DSC_5153

食堂やお風呂等を展示している建物です。

DSC_5157

お正月の食事だそうです。
ご馳走沢山ですね。

DSC_5159

こういう茶碗あれば欲しいですね。

DSC_5168

宗教関連のお部屋だそうです。
各宗教に対応しているとか。

DSC_5179DSC_5180

そして、一番有名な五翼放射状舎房へ入りました。

DSC_5193DSC_5195

中央見張から全箇所を監視できます。

DSC_5170DSC_5172

斜め格子で向の牢獄からは見えない作りとなっています。

DSC_5182DSC_5186DSC_5189DSC_5192DSC_5190

日本の脱獄王と呼ばれた五寸釘寅吉(西川寅吉)や白鳥由栄の脱獄シーンも色々な場所に登場します。
こちらは味噌汁でネジを錆びらせて外したと言われる再現です。

DSC_5206

鏡橋。入所、出所の時必ず渡る橋です。その為、
「流れる清流を鏡として、我が身を見つめ、自ら襟を正し目的の岸に渡るべし」
という意味が込められた橋だそうです。

ということで、網走監獄でした。
蝋人形には本当にびっくりさせられるので
なるべく明るい時間に行きましょう。

(旅行日:2015年5月8日)

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

三陸海岸を自転車で走ってきたよ④

おはよーございます! では最終日、疲れが溜まっていますが、牛たんを目標にがんばりましょう!

記事を読む

[沖縄離島特集④]八重山諸島のターミナル[石垣島]

沖縄離島特集第四弾は原点に戻って石垣島です。 残念ながら天気は曇り。 川平湾も残

記事を読む

[登山]函館山[旧函館要塞散策]

標高334mの函館山。 ハイキングがてらで登れる気軽な山です。 函館山は、第二次世界

記事を読む

南茅部にある函館市縄文文化交流センターの中空土偶を見に行ってきた

いまトレンドになっている南茅部の函館市縄文文化交流センターに 行った時に気になった弁当を思い出

記事を読む

江差町にある緑丘温泉 みどりヶ丘の湯っこへ日帰り温泉に行ってきた

江差の山奥にこんな泉質の良い温泉があったんですね。 木の香りと蛇口やシャワーからも温泉が出

記事を読む

[青森][冬の八甲田アタック②]青函フェリーで青森上陸へ[自転車]

冬の八甲田山に自転車でアタックするため、 函館から青森へフェリーで渡ります。 今回ご一緒させ

記事を読む

江差北前のひな語りと「いにしえ街道」を散策

天気が良かったので江差町までドライブに行ってきました。 その時ちょうど、江差北前のひな語り

記事を読む

[京都]御朱印めぐり[旅]

寺社にて頂く御朱印。 年末年始の京都ツアーにて 八坂神社、東寺、天龍寺、三十三間堂、平等院鳳

記事を読む

函館山の裏側にある穴澗海岸付近は絶景でした

春らしくなってきましたので、自転車で函館山の裏側にある穴澗海岸へ行ってきました。 断崖絶壁

記事を読む

[沖縄離島特集⑤]東洋のガラパゴス[西表島]

西表島へ向けて出発です。 西表島は2つの港があります。 上原港と 大原港です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑