*

自転車で下北半島を走ってきた⑤

公開日: : 下北半島ツアー2018, 自転車, 青森県

恐山を堪能しむつ市へ向かいます。今日も猛暑30度越えです。青森といえ夏は暑いです。食堂のおばちゃん曰く「急激にのぼるよ」っとのことですのでゆっくり行こうかと思います。

GPSログ

—-スポンサード リンク—-

————————————


さて出発!


やはり激坂である。サイコン読みで12-13%はありました。流石に押しが入りました(笑)


激坂を5キロほど上るとピークに恐山の門がありました。こちら側が入り口なのでしょうね。僕は裏口から入ったようです。


むつ市へは下り基調です。下るにつれて暑くなってきます。
流石にこの暑さではキャンプは難しそうと判断しここでホテルを予約。
そして冷たいもの補給で回復。


夏休みって感じの雰囲気ですなぁ。あれ山の上になんかある。


これこれ。なんだろう。ググってみると空自管轄のガメラレーダーというもので弾道ミサイル防衛のレーダーらしいです。詳しくはここ


大湊まできました。大湊は自衛隊の街って感じでした。スナックはすっごくあるけど昼間の食事処はあまりありません。


チェックイン時間まで数時間あるので辺りを散策です。


MAEDAスーパーで食料を調達。


リンゴジュースは箱売りです。シャイニーおいしいよねー。


大湊線終着駅の大湊駅です。ここでちょっとだけ休憩させもらいました。


本州の「てっぺん」なのでかな。


ご存知金魚ねぶた。青森の色々なところに飾られています。かわいいよね。


駅の中がいい匂いするなぁっと思ったらヒバのチップがありました。ちょっとだけ貰ってきました。


休憩していると列車がやってきました。意外とたくさんの人が降りてきますね。お盆休みの帰省かなぁ。


リンゴジュースで休憩。


チェックイン時間となったので駅から30秒のホテルフォルクローロ大湊にとうちゃこ(笑)


そして、飯。たくさん買ってしまった。この日は蕎麦しか食べてないからねぇ。


すぐ近くに海上自衛隊がありますので自衛艦をみることができます。

ステーションビューでした。鉄ちゃんには良いかもしれませんね。それにしても陸奥湾はきれいだよねぇ。

つづく。

(旅行日:2018年8月2日)

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

自転車で下北半島を走ってきた⑥

昨日は猛暑の為テント泊をあきらめてホテルフォルクローロ大湊に一泊。今日はそのホテルからスタートです。

記事を読む

自転車で下北半島を走ってきた③

軽いクライムをして薬研野営場に到着しました。今日はここで1泊です。夜はBBQをしましょうね。

記事を読む

自転車で下北半島を走ってきた②

大間フェリーターミナルに到着後、大間崎を目指しました。本州最北端大間崎です。 夏休み期間中とい

記事を読む

自転車で下北半島を走ってきた⑨

まちなか温泉で休憩をした後はねぶたを堪能しフェリー帰路へつく予定です。 GPSログ  ---

記事を読む

三陸海岸を自転車で走ってきたよ④

おはよーございます! では最終日、疲れが溜まっていますが、牛たんを目標にがんばりましょう!

記事を読む

[冬自転車]自転車乗りよ雪原へ!![スパイク]

道の駅紋別の名物巨大カニの前で[/caption]   ちょっと乱暴なタイト

記事を読む

青春18切符で行く北東北鈍行の旅⑨[大館→青森]

前回の投稿で鶏めしを頂きおなかいっぱいです。 では、奥羽線大館駅から弘前同じ奥羽線に乗り換

記事を読む

[自転車散策]京都紅葉散策のついでに

京都の紅葉は例年通り11月 中旬くらいより始まるそうですよ〜 っということで昨年京都行った際に

記事を読む

自転車で小豆島と四国(高知/香川/徳島)を走ってきた

1年に一度の更新になりつつある当ブログ、年越しする前に1本あげておきます。毎年恒例になりつ

記事を読む

自転車で下北半島を走ってきた①

7月末から5日間かけて下北半島を自転車で旅をしてきました。 ここ数年、夏は青森旅をすること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑