*

山の水族館はお魚の魅せ方面白い!

DSC_5018

道の駅巡りの旅2015春からのスピンオフ投稿です。
道の駅おんねゆ温泉に敷地内にあります山の水族館のお話です。
こちらの水族館はおさかなの魅せ方がユニークなのです。
そんな山の水族館で沢山写真を撮ってきましたので御覧ください。

—-スポンサード リンク—-

————————————

山の水族館の場所

道の駅おんねゆ温泉内にある山の水族館

DSC_4963

山の水族館は道の駅おんねゆ温泉の隣にあります。
写真の右側に見えるのが山の水族館です。

DSC_4969

さてさて、行きましょう!

DSC_4967

山の水族館は道の駅おんねゆ温泉の敷地内にあります。
開館10分前くらいに並んどきます。
もちろん一番目のお客さん。
あまりお客さん来ないかな〜なんて思っていましたら
既に10人位は並んでいました。
恐るべし山の水族館です。

DSC_4980

ワクワクしながら先頭で待ちます。
小学生か!(笑)

DSC_4983

入場すると木の香りがするほど木を沢山使用した館内です。
入り口周辺は、ふれあいコーナーや資料が沢山展示しております。

DSC_4982DSC_4981

入っていきなり楽しい演出の滝つぼ水槽です。

DSC_4984

滝つぼに魚が集まる習性を利用しているのでしょうね。

DSC_5020

さて、お次ぎは水族館内(実際は野外)に川を作ってしまった水槽を見に行きましょう。

DSC_4991

こちら冬に凍る川の水槽です。
川を作ってしまう、それも冬には凍る川を水族館で見せるというのは面白いですね。

DSC_4987

もちろん、冬ではないので凍っていませんが、こちらも面白い見せ方ですよね。

DSC_4997 DSC_5000

巨大天然イトウの水槽。
イトウは絶滅危惧種一歩手間の魚ですよねぇ
こんなに多く見ることができるのは驚きでした。

DSC_5004

川魚の遡上水槽です。これも魚の習性を利用した見せ方をしています。
動画に撮りましたのでどうぞ。音声はカットしています。

川魚の遡上映像

DSC_5007

世界の熱帯魚のコーナーです。
いつもは食事シーンをライブするいただきますライブを実施するそうですが、
この日はGWでしたので、休止していました。残念。

DSC_5012

ドクターフィッシュを触ることもできます。

DSC_5014

こんなふうに直接魚を触れる体験コーナーもあります。

DSC_5025

そして出口は道の駅に繋がってます。
うまい作りです(笑)

ではでは、大変面白く勉強になる水族館でした。
今度は冬に来てみたいですね。

—-スポンサード リンク—-

————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

[夜の帯広]十勝中札内グルメフォンド勝手に前夜祭

十勝中札内グルメフォンドの前日、帯広に一泊しました。 中札内周辺に宿を取りたかったのですが

記事を読む

[ねぶたの家ワ・ラッセ]青春18切符で行く北東北鈍行の旅⑩[青森]

青森到着。 青春18きっぷの旅も終盤、後は函館に帰るだけとなりました。 青森で2時間ほど

記事を読む

函館西部地区散策[グルメに観光に御朱印巡り]

函館の西部地区は歴史的な建築物が残るエリアで、 異国情緒あふれる町並みが続いています。

記事を読む

[イベント]大沼函館雪と氷の祭典[2015]

先ほど大沼函館雪と氷の祭典を見学してきましたのアップします。 初めて行きましたが、雪像、氷像と

記事を読む

[蕎麦]江差町のそば蔵やまげんへ行ってきました

前回江差に訪れた時は、タイミングが合わずに訪れることが出来なかったお店、 「そば蔵やまげん

記事を読む

熊石ひらたない荘あわびの湯に日帰り温泉に行ってきました

熊石ひらたない荘あわびの湯に日帰り温泉に行ってきました。 付近に熊石青少年旅行村(キャンプ

記事を読む

[隠れた名店函館駅みかどで立ち食い蕎麦]18切符の旅函館本線①[大沼公園へ]

18切符北東北の旅にて余った青春18きっぷを使うべく函館本線を日帰り旅に行っきてきます。 春の

記事を読む

[函館]ラッキーピエロで食べたメニューを一挙掲載

函館のハンバーガーと言えばラッキーピエロですよね!? ハンバーガーショップっという位置づけでは

記事を読む

[函館]弁天台場の石材を再利用した防波堤

サイクリングで穴澗海岸へ行った際、 帰りに入船漁港に立ち寄りました。 その時の記事は下記

記事を読む

[見応えあり]箱館奉行所へ行ってきた

140年の時を超えて復活した箱館奉行所。実に4年の工期をかけ、その当時の工法及び材料を使い建てた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑