*

[イベント]大沼函館雪と氷の祭典[2015]

公開日: : 最終更新日:2015/02/25 七飯町, 北海道, 都道府県 , , , ,

DSC_1822
先ほど大沼函館雪と氷の祭典を見学してきましたのアップします。
初めて行きましたが、雪像、氷像とユニークなモノがたくさんあり楽しめました。
そして、夜のライトアップとスノーキャンドルが幻想的でとてもよかったです。
また行きたいイベントでした。
では写真など掲載しましのでどうぞご覧ください。

—-スポンサード リンク—-

————————————

開催情報

開催日時 : 2015/2/7(土)-2/8(日)
会場   : 大沼公園広場
住所   : 北海道七飯町大沼町
公共交通 :JR大沼公園駅から徒歩5分
函館駅→大沼公園駅経路検索
車    : 函館新道七飯藤城ICから国道5号経由で24km50分
駐車場  : あり 有料500台
参考資料 : チラシ
参考リンク: 大沼トピックス

[地図:会場場所]

大小ユニークな雪像たち

DSC_1746

DSC_1738

 

DSC_1744
やはり妖怪ウォチな雪像が目立ちますね。
そんな中ポケモンさんも頑張っておりましたよ。

DSC_1741
大きなかまくらも完成してました。
中に入ってみました。
かまくらの中は音も吸収されて静かなんですよね。
そして独特の雪においがしてね。
子供の頃に戻った感覚になり懐かしい気分でした。

DSC_1751
大滑り台は大人気でしたね。
向かって右側は氷の滑り台。
左側はタイヤチューブで滑るタイプでした。
DSC_1757
夜のキャンドルの準備も進みます。

 

それでは、夜のライトアップの写真をどうぞ!

 

凛々しいブシニャンもライトアップ

DSC_1808

夜は氷像も綺麗にライトアップ

DSC_1822

 

駒ケ岳とスノーキャンドル

DSC_1783

DSC_1786

DSC_1794
明日2/8もありますので、まだ行かれてない方は是非ご堪能くださいませ!

準備の様子は下記の記事を御覧ください。

[絶賛準備中]大沼函館雪と氷の祭典[2015]

—-スポンサード リンク—-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly

関連記事

[海鮮]はこだて自由市場に行ってきたイカからゴッコにクリオネまで揃う市場

函館にある、はこだて自由市場に行ってきました! 新鮮な魚介類をお求めやすい価格で購入できま

記事を読む

函館山の裏側にある穴澗海岸付近は絶景でした

春らしくなってきましたので、自転車で函館山の裏側にある穴澗海岸へ行ってきました。 断崖絶壁

記事を読む

[函館]湯の川温泉散策[熱帯植物園][銀月だんご][ブルートレイン][湯倉神社]

函館市の湯の川温泉周辺を散策しました。 湯の川温泉に旅行や日帰り温泉の際は参考にしていただ

記事を読む

東大沼キャンプ場でワカサギ釣り

今年(2015)から営業開始した東大沼キャンプ場ワカサギ釣り場。 朝早い時間にも関わらず賑わっ

記事を読む

[中空土偶][南茅部]道の駅縄文ロマン南かやべ に中空土偶を見に行ってきました。

道の駅縄文ロマン南かやべ に函館市縄文文化交流センターが併設されています。 そちらのセンターに

記事を読む

[京都]御朱印めぐり[旅]

寺社にて頂く御朱印。 年末年始の京都ツアーにて 八坂神社、東寺、天龍寺、三十三間堂、平等院鳳

記事を読む

[日帰り温泉]乙部温泉光林荘

平成27年3月にリニューアルオープンしたばかりで、 木にいい匂いがする真新しい乙部温泉光林荘に

記事を読む

[主に道東]道の駅巡りの旅2015春[概要編]

GWを利用して主に道東地方の道の駅巡りをしてきました。 巡った場所は上記の地図の通りオホー

記事を読む

[函館]弁天台場の石材を再利用した防波堤

サイクリングで穴澗海岸へ行った際、 帰りに入船漁港に立ち寄りました。 その時の記事は下記

記事を読む

[旅行]流氷を観に行こう!

そろそろ流氷シーズン到来です! 流氷を見に行ってみませんか? ----スポンサード リン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • <<< 広 告 >>>



  • NIKON D7000 ボディ



    AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



    AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR



    Canon Powershot S95



    SONY HDR-AS-100V

PAGE TOP ↑